【無料】プレゼント付き!公式メルマガ

インスタの集客でなかなか成果がでないのはなぜ?

やまなか

こんにちは、しょくにん人生運営のやまなかです。

インスタでの集客がなかなかうまくいかない飲食店は多いと思います。

毎日ちゃんと料理の写真をアップしてるのにぜんぜんフォロワーがふえない…

こっちからもフォローしてるんだけどなぁ…

やまなか

忙しいなか写真を撮っているのにそれは悲しすぎますね。

なぜフォローしたのに反応が少ないのでしょうか?

それでは飲食店のアカウントにフォローされた側の気持ちになって考えてみましょう!

この記事の内容
  • インスタの集客でなかなか成果がでないのはなぜ?
  • インスタ個人アカウントとの連係プレイ
  • インスタの運用を任せてしまおう!

個人店であれお店のアカウント運用は

プロアカウントとして運用しているお店が多いと思います。

実はここにおおきな落とし穴があったりするんですね。

結論から言うと

「インスタユーザーは official(公式)というものに対してあまり良いイメージを持たない」

ということです。

言ってる意味が分かりませんよね。笑

ですがこれはインスタに限ったことではなく

SNS全般にいえることです。

では深堀して解説していきますね。

インスタの集客でなかなか成果がでないのはなぜ?

インスタの集客でなかなか成果がでないのはなぜ?

なぜ「 official(公式) 」にたいして良いイメージがないのか?

大半の人はこういったアカウントからフォローされた場合

なんだ広告かよ…」といったとらえ方をします。

ではインスタをプロアカウントで運用する意味はないんじゃないか?

と思いますよね。

ですがプロアカウントにももちろんメリットはあります。

しかし、ただお店のアカウントだからという理由で

プロアカウントの運用をしていくのはリスクが高いです。

まずはインスタプロアカウントのメリットとデメリットを見ていきましょう。

プロアカウントのメリットとデメリット

店舗のアカウントをプロアカウントにすることはもちろん賛成です。

店舗のブランディングをしていく上では大事なことだと思います。

しかしその運用の仕方を間違えると

おもった効果は期待できないでしょう。

プロアカウントで運用するメリット

店舗のインスタ上での看板となるものです

プロアカウントにすることで「安心感」を生むことができます。

また、ブランディングを意識した運営をすることで

アカウントページにおとずれた人の興味をひきやすくなります。

しかし、それはあくまでそのアカウントに足を運んでくれた後の話になります。

プロアカウントは人を集める効果はほとんどありません。

ではデメリットのほうがおおきいのでは?

はい。

インスタでの集客という視点で見れば

プロアカウントのみでは集客は期待できません。

毎日アップする労力を考えれば

費用対効果はとても低くなります

しかし、プロアカウントの立ち位置をしっかりと把握して

複数のアカウントを上手に使い分けることで

いままでとは違った運用ができてきますので

安心してください。

【公式】の持つ広告感

さて、なぜお客さんはこちらからフォローしたのに

なんの反応もないのでしょうか?

やはりこれも

「 official(公式) 」の放つ広告感がそうさせています。

フォローすることが間違いなの?

フォローすることが間違いなのか?

いえいえそんなことはありません。

しかし、ただむやみにフォローするだけでは

こちらのフォロワーが増えることはないでしょう。

しかも official(公式) という冠をつけるのであれば

こちらからフォローするというのはあまり得策ではないかもしれません。

プロアカウントはどっしりと構えた王様であるべき

お店のアカウントに足を運んでもらうには

ほかの方法を使ったほうが効率的です。

あなたのお店が、お店の名前で検索されるくらいならば

なおさらどっしりと構えておくべきです。

集客は兵隊に任せましょう。

では具体的にどうすればいい?

これはブログの内部リンクみたいな考え方なのですが

最終的に集めたい王様(お店の公式アカウント)は

お店のイメージをちゃんと表現できるような投稿をつづける。

そして兵隊のアカウントは、スタッフの個人アカウントを使って

人間臭さがあふれるような投稿、アカウントづくりをする。

ことが大事になります。

インスタ個人アカウントとの連係プレイ

インスタの集客でなかなか成果がでないのはなぜ?

個人アカウントを運用してどう集客につなげるのかを解説します。

具体的な方法はその人のキャラや人柄によって変わりますが

意識するのは「造らない」ことだけです。

個人アカウントからお店のアカウントに流す

普段は本当に他愛のない投稿でかまいません

ですがその投稿のなかでなにか一つでも

お店を連想させるものを入れたほうが効果的です。

そして3日にいちどくらいのペースで

「私はこのお店でこんなに楽しく仕事をしています」

ということが伝わる投稿をしましょう。

繰り返しますが人間臭さがあふれるというところがキーワードです。

人間臭さがあふれる投稿とは?

お店のアカウントやちょっとおしゃれなアカウントだと

展示会のように並んだ料理の写真や

ハンガーにかかったきれいな服がならんだページ

みたいなかんじのアカウントを見たことがあると思います。

それがしっかりとした目的のあるマーケティングだったり

ブランディングのためのものであればよいのですが

飲食店がやりがちな料理の並んだ写真がたくさんあっても

そこにフォロワーがつくことはまずないでしょう。

素のままの日常を切り取る

決してかっこいいことを言っているわけではなく

普段スタッフとして働いている個人の

そのままの日常を写真に収め

継続して投稿をしていく。

むずかしいことを意識する必要はありませんが

あくまでそのお店のスタッフとしての日常

ということは頭の中に置いておいてください。

定期的にお店のアカウントを紹介する

そして3日に一回くらいのペースでいいので

お店のアカウントページへのリンクを一緒に投稿しましょう。

お店の細かい情報やふだんお客さんに知られることのない情報など

この人が働いている店はどんなところだろう?

という興味をもってもらえるような投稿が

人間臭い投稿の生きてくる瞬間になります。

そして個人アカウントのプロフィールページにも

お店のアカウントへのリンクを忘れないようにしましょう。

個人アカウントでのプロフィール画面は箇条書きで

人はみんな最初は人のことを好きになるんです。

いきなりお店のアカウントからフォローされても

フォローされた側はそのアカウントページに行くことは

まずありません。

ですがそれが個人のアカウントであれば

高確率でアカウントページに行き

その人の情報を知ろうとします。

そこに来た人は5秒で情報を判断し

次の行動に移すか

そこから離脱するかの判断をします。

ですので、いかにこの5秒でお店へのリンクをクリックさせるか

が勝負になってきます。

箇条書きで書く理由

ひとは連なった長文を嫌う傾向があります。

短く、そしてわかりやすい内容を好みます。

個人アカウントのプロフィール画面で書くべきことは

素の自分+スタッフとしての自分

のことをできるだけポジティブに書いたもの。

そこに働いている店の名前と

お店のアカウントへのリンクを張っておきます。

運用できる個人アカウントは多いほうが良い

スタッフの数によって運用できる数は変わってきますが

もちろん大いに越したことはありません。

できることなら知人や家族に頼んででも

お店のアカウントへのリンクをたのんでも良いくらいです。

ですがなかなかそれはむずかしいですよね。

ひとりで飲食店を経営している人にとってはさらに難しい課題かもしれません。

インスタの運用を任せてしまおう!

インスタの集客でなかなか成果がでないのはなぜ?

ではそんなときにはどうすればいいのか。

お店のアカウントの運用をしてくれるサービスを利用しましょう。

広告費として月額の利用料金はかかりますが

プロの運用で集客ができる。

プロアカウントの運用を手放しでできるので

個人アカウントの運用に時間がさける。

時間をお金で買ってしまうのは効率を考えるうえで

とてもメリットがあると言えます。

アカウントを運用してくれるサービスとは?

さまざまなサービスがありますが

実際に私が使ったサービスでfollomeというものがあります。

インスタ集客最適化システム【follome】

実際に使った感想はインスタ集客のfollomeを使ってみた感想【メリットとデメリットまとめ】

紹介していますので参考にしてみてさい。

人はお店よりも人に集まる

なんでも検索することで情報が得られる時代では

ほかのお店との比較が簡単にできてしまいます。

だからこそ個人のアカウントでの発信を強めて

この人がいるからこのお店に行こう

という集客スタイルに切り替えていきましょう。

もちろんお店の宣伝もしなければならないのですが

あなたのお店の魅力はあなたのお店のスタッフが生み出してくれるものです。

魅力的な発信をしていくことで人は集まってきますよ。

インスタだけではなく色々な媒体を使う

インスタはあくまで集客のツールの一つです。

ほかのSNSや自分のお店のホームページなど

お店の露出の頻度を上げていくようなwebマーケティングをしていきましょう。

ほかの媒体との上手な連携の仕方は飲食店の集客を無料でやる方法【常連になってもらうには?】

にて解説していますので、活用してください。

まとめ

インスタの集客でなかなか成果がでないのはなぜ?

では今回のまとめです。

要点まとめ
  • 公式=広告という認識をする
  • プロアカウントはブランディングのためのアカウントである
  • 個人のアカウントで人間臭さを前面に出してファンづくり

インスタグラムでの集客はこれからの時代は必須のスキルだとおもいます。

運用の形が少しでも参考になれば幸いです。

では今回は以上となります。

シェアおねがいします!