【無料】プレゼント付き!公式メルマガ

メールマガジンを始めるためにやっておきたい3つのこと【失敗しないためのステップ】

いまさらメルマガって集客につかえるのかな?
どんな効果があるの?

こんな悩みを解決できる記事になってます。

やまなか

自分で商売するひとは始めたほうがいいですよ。

一度訪れてくれた人に何回もアプローチできるのはメルマガとLINEくらいです。

むずかしいことはないのでぜひ集客のツールとして考えてみてください。

自分の店の魅力を定期的に発信したり

新しいメニューやイベント情報をダイレクトにお客さんに伝えるためにも積極的に取り入れてもらいたいです。

今回の記事では導入方法と、そのさいに気を付けたいことを中心におはなししていきます。

この記事の内容
  • 始めるためにやっておきたい3つのこと
  • おすすめスタンド
  • じっさいに使ってみる

みなさん毎日メールボックスに何かしらのメールマガジン(店舗メール含む)が届いてくると思います。

ちゃんと読まれるメールの作り方もあわせて解説しますので参考にしてください。

メールマガジンを始めるためにやっておきたい3つのこと

ではさっそくメルマガを作るためにやっておきたいことをお話しします。

  • 店の紹介文と配信の頻度を決める
  • SNSの運用と一緒にすすめていく
  • ホームページ(店舗ブログ)をつくる

かならずやってくれ!というものではないですが

効率よくお客さんを集め、リピーターになってもらうためにメルマガ登録の導線はたくさん用意しておきたいです。

もちろん店舗での登録をうながすのはもちろんですが、ウェブ上でファンになってもらうのも新規獲得のためには重要です。

ではいきましょう!

店の紹介文と配信の頻度を決める

まずは今ある店の紹介文を見直してみて

そのまま使えるのならちょっとだけ加筆するくらいにして更新できる頻度を考えてみましょう。

できることなら毎日が良いですが

ほかのSNSやブログの運用も考えると「週1回」くらいの頻度が一番運用していきやすいと思います。

何よりも定期的にやることが大事なので

むりなく運用していける頻度を設定しましょう。

イベントの時だけとかの不定期ではだめ?

不定期配信にしてしまうとtそれだけで読まれない可能性が高まります。

一定の頻度でメールを送り続けることでなんとなくでもお客さんの目につく回数を保つことが重要です。

単純接触頻度」をあげることで好感をもってもらえるように

なるべく配信の回数を安定させましょう

忘れずにメールを配信するのは難しそう…

メルマガはあらかじめ決まった日時にメールを送れる

「予約配信」機能があります。

ですので、あらかじめ10通程度の店舗紹介メールや店のこだわりなどのメールを作っておいて

毎週配信に設定しておくことで2か月は何もしなくても

勝手にメールをおくってくれます。

人間3か月も同じものに触れれば頭の中に残るので、予約配信で

3か月分のステップメールを組み込んでおけば

あとはイベント告知や新メニューのお知らせなど、その都度メールをすればいいので

不定期なメルマガに比べれば

メールを開いてもらえる確率はグッと高まりますね。

SNSの運用と一緒にすすめていく

いざメルマガの準備をしても登録してもらえ得る場所がなければ意味がないですね。

店舗に来てくれたお客さんにポップでの登録をしてもらうのがリピーターに一番なりやすいです。

ですがそれ以外のお客さんに対してのアプローチも大事です。

お店に興味を持っているお客さんや、それ以外にも

お酒に関する知識や、料理の豆知識など

興味を持ってもらいやすいような内容でメルマガ登録を進めていき

最終的に店舗への集客をしていく方法で新規のお客さんを捕まえるということもできます。

興味を持ってもらいやすいような内容?

お客さんが店舗のメルマガに登録するメリットは何でしょう?

ぶっちゃけそのメリットを明確に提示できないとメルマガ登録なんてしてもらえません。

初回限定の割引クーポンなんかがいい例ですね。

登録者を増やすためだけのことを考えたらもちろん良い方法なのですが

それだけだと店じたいに興味を持ってもらいずらいですよね。

なのでこのメルマガに登録することで得られるメリットのことをよく考えましょう。

定期的に店のレシピの作り方を教えてくれるメール

とかだと一定層のお客さんは興味をもって登録してくれる確率が上がります。

自分の店の魅力と継続して発信していける情報をまとめてみましょう。

SNSはどう使っていくのがいいの?

自分の店に訪れるお客さんの年齢層に注目してみましょう。

若い人が多いのであればTwitterやインスタグラム

少し年齢層が高めであればフェイスブックやGoogleマイビジネスでの集客に力を入れる。

といったように狙うお客さんの層を明確にしてSNSを運用していきましょう。

それぞれのアカウントページにもメルマガの導線をつくるのは忘れないでください。

実際の運用の仕方をまとめた記事もありますので参考にしてみてください。

ホームページ(店舗ブログ)をつくる

いまではグーグルのサービスや他の無料サービスでも簡単にホームページが作れます。

ですがこの先ほかのサービスに依存したものではなく

自分の裁量で運用していけるメディアを一つでも持っておきたい場合は

WordPressを使ったホームページの運用がおすすめです。

というか、SNSとの連携やメルマガでの集客を考えているのであれば

間違いなく自分でホームページを作っていったほうがいいですよっ!

WordPress ってなんだ?

めちゃくちゃ簡単に言うと

「無料で使えるホームページ作成ソフトウェア」です。

実際にはじぶんでサーバーを借りたり

ドメインを買ったりしなければいけないのですが

初心者でもググりながら進めれば一時間くらいで設定できます。

むずかしいんじゃないの?

正直Wordpressの機能を全部覚えようと思っても無理です。笑

わからないことがでてきたらその都度ググることでほぼ解決できますので安心して取り組んでみてください。

始め方をまとめた記事もありますので実際にやってみましょう!

むずかしいのは最初だけっす!

メールマガジンを始めるためのおすすめスタンド

メルマガ配信スタンドのおすすめできるところと

いまいちなところを両方解説します!

無料で始められるものもありますが今回は有料のメルマガスタンド推しで進めていきます!

無料にひかれる気持ちはわかりますが

余計な広告が張られたりいろいろ制約があるので

集客に特化させたいなら毎月すこしのお金を払ってでも有料のサービスを使うべきです。

ではいきましょう!

アスメル

使いたい放題、無制限のステップメール「アスメル」

老舗のステップメール配信システムのアスメルです。

使い勝手がよく初心者でも簡単にステップメールが作れます。

料金も月額3333円と始めやすいのも魅力です。

わからないことがあったりした場合は電話での相談も受け付けてくれるところが◎

ただお試し期間がないので使い勝手の確認などはできません。

機能面では十分すぎる機能がそろっているのでおすすめ。

利用者が多いのも安心ですね。

メールスマート

顧客リストをおしゃれなボードで管理できるのが

この メールスマート

さまざまな補助機能があり

自由度の高いメール配信ができます。

集客だけでなく、顧客の属性ごとにグループ分けして

それぞれの特性に合ったリーチの仕方を選べるのがうれしいですね。

月々の料金がほかのサービスに比べて高いのは

専用サーバーを提供してくれるためです。

ほかのサービスにはない安全性と安心感があります。

メールスマート

ブラストメール

このブラストメールは以前ブレインメールという名前でした。

ここも老舗のメルマガ配信スタンドで

毎月300件以上の申し込みがあるそうです。

コカ・コーラ社や環境省など 全国の様々な企業から官公庁まで幅広く支持されています。

今一番注目されている配信スタンドかもしれませんね。

こちらも多数の機能をサービスしてくれているのですが

今なら1週間無料でそのサービスを試せます。

初心者の方でも安心して機能を確認することができるので

とりあえずメルマガスタンドがどんなものか見てみたい

という方にもおすすめできるのが嬉しいですね。

料金も月/3000円~と利用しやすいです。

ぼくはこのブラストメールの月/6000通プランを利用しています。

おすすめですね。

導入社数8,100社超のメール配信システム【ブラストメール(旧ブレインメール)】

2020年3月現在は9年連続№1で10,000社以上の契約を誇っています!

メール商人

メール、電話でのサポートを無制限で行ってくれるのがありがたいメール商人。

月々の料金が安く、こちらもお試し期間があるのがうれしいですね。

メールでのマーケティングをやっていく上での機能が充実していて

なおかつサポート体制も万全なので安心感が違います。

お試しの期間中もすべてのサービスが使い放題なので

しっかり機能の確認ができます。

メール配信システムのスタンダード「メール商人」【30日間無料お試し!】

結局どれがおすすめなの?

どの配信サービスも独自の魅力がありますが

飲食店の集客に使うという限定的な視点からみると

  • ブラストメール
  • メール商人

がおすすめです。

お試し期間があるのがうれしいですしね。

スマートメールは使い方のサポートがあるものの

少し扱いきれない印象がありました。

使ってみたらどの配信サービスでも集客に困ることはありませんが

どうせなら使いやすく、安いものを考えているのなら

上記の2つを考えてみてください。

導入社数8,100社超のメール配信システム【ブラストメール(旧ブレインメール)】

メール配信システムのスタンダード「メール商人」【30日間無料お試し!】

じっさいに使ってみる

では登録した後に具体的に何をしていくのかの話をしていきます。

登録のときの挨拶の文面を作る

年間のイベント予定表を作る

3日おきや1週間おきと期間を決めたステップメールを作る

お客さんに登録してもらうまでの導線を頑張っても

そのあとしっかり読んでもらえるようなメール作りをしなければなりません。

具体的なステップを順番に解説します。

登録のときの挨拶の文面を作る

まず初めに登録してくれたお客さんに対しての挨拶メールですが

ここにメルマガ登録のさいのメリットを5割おくようにしてください。

それが割引のクーポンであったり、無料サービスであったり

登録してくれたお客様がすぐに感じられる「お得感」を

出せるものを最初にだしましょう。

最初にサービスしたらそのあとは?

一番最初に無料の何かをつけたりしてしまうとそれだけで

今後の集客には役に立たないのでは?

と思うかもしれませんが

何よりも登録してもらったことに対しての

純粋なお礼としてまずお客様に

「登録して正解だった」という気持ちになってもらうことが大事です。

これから配信のたびにメールを開いてもらうには重要なことです

そのあとに、これからどんな内容の配信をしていくのかの説明文を入れます。

配信内容の説明文

店のメールだからといってお店の宣伝ばかりすればよいわけではありません。

ですが

  • 店ができるまでの歴史
  • スタッフが日々取り組んでいること
  • 今日のランチメニュー

など、上に書いたものは極力さけてください。

こういったものはステップメールでもだいぶ後の方に組み込むことです。

まずはお客さんが興味をもってくれそうな内容

学びになり、「へぇ~」となるような内容が好ましいです。

あなたのお店の強みがどんなところかはあなた自身がご存じのはずです。

お客さんが面白そうだなと思うような配信内容にしましょう。

年間のイベント予定表を作る

お店でのイベント予定を年間で決めてしまいましょう。

あまり細かく決める必要はありませんが

季節ごとやある程度の月別イベントを立てます。

イベントを先に決める意味とは?

最初に告知しておくことで後からの詳細メールにも

目を通してもらいやすくできます。

また年間スケジュールが決まっているとあとのステップメールにも

組み込みやすくなります。

3日おきや1週間おきと期間を決めたステップメールを作る

記事の最初にも書いたように

決まった機関での定期的な配信をこころがけましょう。

ここでも店の紹介とともに

お客さんが喜ぶ内容や豆知識程度の学びを入れることが大事です。

どれくらい作ればいいの?

最初は10通程度で完結するようなものでも構いません。

あとからいくらでも足すことができるので

最終的には半年から一年くらい放っておいても配信し続けてくれるような

システムを作っていくのが良いと思いますよ。

どういった効果があるのか

一度メルマガに登録してもらえれば

後はこちらからのアプローチがいくらでもできます。

かといって無意味なメールを大量に送っても

即ごみ箱行きです。

ですので

  • 定期的に配信することを心掛ける
  • お客さんにとって意味のある、得する情報を入れる
  • また次が読みたいと思ってもらえる内容にする

これを意識して

あなたのしらないところで

あなたのお店のファンになってもらうことを自動化させることが

最大の効果となります。

まとめ

では今回の内容をサクッとまとめます

要点まとめ
  • ほかの媒体を使ってメルマガに登録してもらう
  • 定期的にメールを配信する
  • あなたの知らないところでファンを作る

まだまだ使えるメールマガジン

いま改めてDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)が注目されていますが

昔から変わらずしっかりと運用していく事で

一番のリーピーター効果を発揮してくれるのが

メルマガを使った攻めのアプローチです。

ぜひお店のマーケティングツールとして

メルマガ運用を使ってみてください。

ファンづくりには欠かせないツールであることは間違いありませんよ。

今回紹介したメルマガスタンドのリンクをもう一度張っておきますので

まずはお試し期間で

どんな機能があるのか確認してみてください。

では以上です。

メールスマート

シェアおねがいします!